まめ速TOP ≫  戦争の体験談語るわ  ≫  日本兵すげえってなるコピペください

日本兵すげえってなるコピペください


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/13(木) 20:57:40.71ID:IGcxscAT0

おねげいします


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/13(木) 21:01:40.67ID:p6CXGh6i0

1944年、ニューギニアでの話。

敵機が我が物顔で飛び回る中、狙われるので日中飯を炊くことさえ出来なかった。
ある士官は、沿岸部を命辛々後退している際、奇妙な高射砲部隊と出会った。
司令本部を設営するにも密林奥深くでないとぼこぼこやられてしまうのに、その隊は密林の切れ目に堂々と陣を構え、ロープを渡して洗濯物を干し、敵機に対しても盛んに発砲している。
しかもねじり鉢巻に褌一丁でだ。

士官がその辺りの兵に話を聞くと、
「頑張って偽装してもすぐに位置を掴まれてしまうから、開き直ってああしたのだ」
との事だった。

久しぶりに勇敢な、胸の好く連中を見た士官だったが、彼がそこを去った何日か後には、やはり重爆か何かで綺麗さっぱり吹き飛ばされてしまったという。


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/13(木) 21:08:11.05ID:v679JqUL0

特殊作戦群
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E6%AE%8A%E4%BD%9C%E6%88%A6%E7%BE%A4

>イラク派遣前に普通科部隊と合流して訓練した際には、
>生身の隊員を的の両わきに立たせて10メートル以上離れた場所を移動しながら拳銃の弾を的に命中させるなど、
>一般部隊ではありえない訓練を行っていたという証言もある


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/13(木) 21:08:13.48ID:p6CXGh6i0

撃墜王の坂井三郎さんの手記の中にあるエピソード

本当は敵地で無防備な姿をさらす危険行為なんですが、イタズラ心を起こした
坂井三郎さんたち日本軍パイロットがオーストラリア軍基地を攻撃した後、
基地上空で編隊宙返りを3回行い、オーストラリア軍は普通なら対空砲火を
打ち上げるところですが、だまって彼らの飛行を見ていたそうです。

調子に乗った、パイロット達は更に高度を下げて同じ事を繰り返してみせたそうです。

その後、日本軍基地にオーストラリア軍から戦闘機が飛んできて
爆弾ならぬ手紙の入った通信筒を落としていったそうです。

その中のオーストラリア軍から日本軍に当てた手紙には、
見事な編隊飛行を見せてもらったお礼と、あのパイロットが今度来るときには
緑色のマフラーをしてしてきてくれれば歓迎するという内容がしたためられていたそうです。

もちろん、坂井さんたちは上官にこっぴどく怒鳴られたそうですけど、
戦後の手記には、血みどろで戦う戦場にも時には敵と味方の間に
こんな風が吹くんだなとかたっておられます。


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/13(木) 21:56:31.19ID:p6CXGh6i0

撃墜王坂井三郎さんの話

戦争初期の話で部下と飛行中敵輸送機を発見
撃墜も考えましたが要人が乗っているかも知れないので
拿捕しようと考え輸送機に近づきました

輸送機に警告し付いてくるよう指示(こなければ撃墜)していると
窓越しに母親に抱きついて震える女の子が見えました

坂井は躊躇いを覚え結局見逃しました。上司には
「輸送機を発見するも巧みに雲の中に逃げられてしまいました」
と報告しました

後年この母子の生存が確認されたそうです
(坂井は晩年までこの話を語らず著書にも輸送機に逃げられたと書いてます)


坂井三郎



坂井 三郎(さかい さぶろう、1916年(大正5年)8月26日 - 2000年(平成12年)9月22日)は、大日本帝国海軍の戦闘機搭乗員(パイロット)。太平洋戦争終戦時は海軍少尉、最終階級は海軍中尉。終戦までに大小の敵機64機撃墜のスコアを残す日本のエース・パイロットとして知られる。戦後に海軍時代の経験を綴った著書『大空のサムライ』は世界的ベストセラー。

12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/13(木) 21:14:38.58ID:p6CXGh6i0

米軍の補給物資の労務に駆り出された日本の捕虜が、
荷物の数を数えるように命令された。

掛算で瞬時に報告したら、「いい加減なことを言うな、ちゃんと数えろ」
と米兵から怒られた。

で、米兵自ら、ひとつふたつと数え始めたが、合計数が合っているので
「オマエ、どうやって数えたんだ。」と驚嘆したそうな。


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/13(木) 21:22:07.89ID:sr/FnLbF0

>>12
寺小屋からの流れで読み書き算盤は今よりも得意だったらしい

何か戦後直後に日本語新聞を手に入れた米軍兵が日本の捕虜に手渡したさい
仕官クラスしか新聞読めないと思ってたら一般兵まで読み出してビックリしたとか


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/13(木) 21:18:39.33ID:BgKyzyky0

全然死ななかったやついたよな


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/13(木) 21:20:18.43ID:992DulBm0

>>14
船坂弘軍曹だっけ


舩坂弘



舩坂 弘(ふなさか ひろし、1920年10月30日 - 2006年2月11日)は、日本陸軍の軍人、大盛堂書店代表取締役会長。全日本銃剣道連盟参与、南太平洋慰霊協会理事、大盛堂道場館主。テキサス州名誉市民章授与。最終階級は軍曹。アンガウルの戦いで活躍した。 特別銃剣術徽章、特別射撃徽章、剣道六段教士、居合道練士、銃剣道練士など、武道・射撃の技能を相当に習熟していた。

18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/13(木) 21:26:53.48ID:p6CXGh6i0

スペイン内戦で、共和国側義勇兵唯一の日本人として知られるジャック白井(函館出身)。

国際旅団エイブラハム・リンカーン大隊の兵卒として彼に与えられた任務は炊事兵。
外航船やNYのレストランのコックだった経歴を買われた配属で、実際に彼は戦場でも、
「美味く、早く、大量に」食事を作る達人で、兵士達に評判だったとのこと。

しかし、「ファシストと戦う!」という熱意に燃え志願したジャッキー(愛称)にとって、
戦闘任務こそが本来の志望。何度も何度も転属願いを続け、時には「もう飯作らねえぞ」とごねたりした結果。
めでたく前線に配置換えとなったが、それで済まないのが、うまい飯を食えなくなった他の兵士達。

ジャッキーの後任の作る料理がとにかくまずく、「食える物を食えなく作る達人」だったこともあり、義勇兵達の士気はがた落ち。「ジャッキーのシチューが食えねえなら戦わないぞ」という輩まで出る始末。
大隊付政治委員に折衝し、懇願した結果、ジャッキーはパートタイムで炊事も担当し続けることに。
「戦うコック」の異名がつくことになりました。

ちなみに、彼の最期は、1937年7月11日、ブルネテ攻防戦でのこと。
敵味方が銃火を交えてにらみ合う中、すぐ近くまで来た糧食配給車が立ち往生。
ジャッキーが見かねて「俺が取ってくる」と塹壕から出た瞬間、国民戦線側の機銃弾に倒れました。
最後の最後まで、飯と縁の切れなかった人だったようです。


ジャック白井

ジャック白井(ジャックしらい、1900年? - 1937年7月11日)は、スペイン内戦において人民戦線・共和国側の国際旅団に志願入隊して参戦、戦死した日本人義勇兵。北海道函館市出身。生まれてすぐに両親に捨てられ、孤児院で育ったということだが、その前半生は謎に包まれている。彼は15歳の時に孤児院を飛び出し、年齢を偽ってカムチャツカ航路の貨物船に雇って貰い船員となったが、1929年にアメリカに密入国し、ニューヨークでパン職人や料理人として働いた。1936年7月、スペイン内戦が始まると、彼はアメリカ共産党の義勇兵募集に志願し、12月26日、95人のアメリカ人と共にスペインへ旅立った。

22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/13(木) 21:38:56.93ID:8bbp6WWX0

アメリカ陸軍日系人部隊、第442戦闘団所属のサダオ・ムネモリ上等兵の話

Wikipediaからコピペだが、

第二次世界大戦末期のイタリア戦線において、ドイツ軍の防衛線ゴシックライン攻略作戦に参加。
1945年4月5日にセラヴェッツァの「ジョージア高地」山頂への進撃中、塹壕に転がり落ちた手榴弾に覆い被さって戦死し、中にいた2人の部下の命を救った。
自らを犠牲にして仲間を救った功績により名誉勲章を受章した。

ちなみにイラク戦争でも手榴弾に覆い被さり仲間を庇った兵士がいた
彼は抗弾ベストを装着していたが、結果は前大戦と同じだった。


サダオ・ムネモリ



サダオ・S・“スパッド”・ムネモリ(Sadao S. "Spud" Munemori、漢字:宗森 貞雄、1922年8月17日 - 1945年4月5日)は、アメリカ陸軍第442連隊戦闘団第100歩兵大隊上等兵。日系アメリカ人としては、初の名誉勲章受章者となった。愛称は「スパッド」(Spud)。

23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/13(木) 21:40:09.61ID:IGcxscAT0

ある元日本兵は、同じ部隊で戦い、戦死した高砂族を慰霊するため、
この碑に赴き、そこで昼飯にと差し出されたおにぎりを見て、
いきなり涙を流し、慟哭をはじめたそうです。
「俺はこの握り飯を彼の前で食うことはできない。」と。

彼の部隊は東南アジアで作戦中、食料不足で飢えに苦しみました。
そこで足腰が強く、ジャングルに強い高砂族の兵士が、
遙か後方の基地まで食料を取りに行ったそうです。
しかし何日待っても帰ってこない。様子を見に行ったら、
彼は部隊まであと少しというところで、両手一杯の米を抱えて餓死していた。
米を持ちながらの餓死。
信じられるでしょうか。
餓死するほどの限界に達しながらも、多くの日本兵が心待ちにしている食料には
一切手をつけなかったのです。

慟哭した元日本兵は、そんな彼の霊前で握り飯を食うことができなかったのです


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/13(木) 21:46:31.54ID:p6CXGh6i0

「潜水艦殉国碑」

太平洋戦争中に戦没した潜水艦乗員の慰霊碑で、碑には「殉国」の文字と伊号潜水艦の
レリーフが飾られ、碑文が記載されている。慰霊碑にそびえ立つマスト状のものは、
潜水艦の潜望鏡である。

『潜水艦有志に捧ぐ
太平洋戦争中、百二十余隻の潜水艦と共に戦没された一万余人の乗員諸君。特殊潜航艇及び回天決死隊諸君。又諸公試、演練に殉難された諸君。諸君の遺骨は海底深く沈んで之を回収する途がない。しかし、それは国難に赴いた諸君の忠誠が、そのまま其戦場に在ることを意味する。民族の急を救うべく戦った犠牲の精神は永えに其処に活きている。
残された潜水艦関係の吾等は、個人と法人と併せて幾千、常に諸君の英霊の坐する海底を見つめている。願わくは、日本国民の全部も、ありし日の諸君の勇姿と、奮戦激闘の光景と、護国の屍となった戦場とを緬想して、敬弔の誠を伸ぶると共に、祖国再興の心の糧とすることを祈願して已まない。
茲に曾ての戦友、潜水艦建造関係者外有志一同相計り、小碑を東郷神社の霊域に建立して諸君不滅の忠魂に捧ぐ。

昭和三十三年五月二十五日』


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/13(木) 21:59:56.71ID:IGcxscAT0

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人がいた。
「あそこでみんな死んでいったんだ……」
沖に浮かぶ島を指差しながら、老人はつぶやいた。

太平洋戦争のとき、その島には日本軍が進駐し陣地が作られた。
老人は村の若者達と共にその作業に参加した。
日本兵とは仲良くなって、日本の歌を一緒に歌ったりしたという。

やがて戦況は日本に不利となり、
いつ米軍が上陸してもおかしくない状況になった。

仲間達と話し合った彼は代表数人と共に
日本の守備隊長のもとを訪れた。自分達も一緒に戦わせて欲しい、と。
それを聞くなり隊長は激高し叫んだという

「帝国軍人が、貴様ら土人と一緒に戦えるか!」

日本人は仲間だと思っていたのに……みせかけだったのか。
裏切られた想いで、みな悔し涙を流した。

船に乗って島を去る日 日本兵は誰一人見送りに来ない。
村の若者達は、悄然と船に乗り込んだ。

しかし船が島を離れた瞬間、日本兵全員が浜に走り出てきた。

そして一緒に歌った日本の歌を歌いながら、手を振って彼らを見送った。
先頭には笑顔で手を振るあの隊長が。
その瞬間、彼は悟ったという。
あの言葉は、自分達を救うためのものだったのだと……。


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/13(木) 22:01:08.65ID:IGcxscAT0

「パラオの統治者である日本軍」としては、パラオ諸島の小さな島・ペリリュー島の
人々を“圧倒的不利な戦局”に巻き込んではならないと配慮したのだ。

そして船舶も乏しい中、空襲を避けて夜間に船を出し、住民の全員をパラオ本島に
避難させたのである。

そして日本軍はパラオを死守するために文字通り死を覚悟して戦った。

日本は圧倒的に不利だった。アメリカに制海権・制空権を掌握されている上に、
兵力14倍、航空機200倍以上、戦車100倍、重火砲1000倍という
歴然たる戦力差。しかしそれでもアメリカの上陸作戦史上最高の損害比率を
出させるほどに抵抗し、全く補給もなく73日間も守り通し、玉砕したのだ。

最期に『サクラ・サクラ』という電文だけを残して。

その戦いの甲斐あって最大激戦地・ペリリュー島での民間人死傷者はゼロだった。

戦争後に島に戻った島民たちは、放置されていた夥しい数の日本兵の
亡骸を泣きながら埋葬した。後にペリリュー島のオキヤマ・トヨミと
ショージ・シゲオが“ペリリュー島の玉砕戦”を、日本の国花・桜に託して
作った『ペ島の桜を讃える歌』は、今でも彼らに愛唱されているという


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/13(木) 22:03:08.88ID:1nki2n/u0

撃墜王が戦後に敵国の戦闘機乗りらとの懇談会にて

元敵兵「戦時中、私、飛行機に乗ってるときに、確かあなたとすれ違いましたよ」

撃墜王「いや、それはあり得ません。私とすれ違ってたなら、あなたは今頃この世にいません」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/13(木) 22:06:50.14ID:p6CXGh6i0

杉原千畝さんの話も有名ですが、満州とソ連(現ロシア連邦)の境目附近で、亡命しようとしているユダヤ人2万名近くを助けた樋口季一郎(字がちがうかも)さんと いう軍人がいます。

この方は大戦末期にアッツ島やキスカ島から撤退するときに、部下の安全を第一に考え
「退却するときに荷物になるようだったら武器を捨てても構わない」と命じたとか。

当時は武器は天皇陛下から賜ったものとされ、捨てるなどとんでもないと考えられていました。


杉原千畝




杉原 千畝(すぎはら ちうね、1900年(明治33年)1月1日 - 1986年(昭和61年)7月31日)は、日本の官僚、外交官。第二次世界大戦の際、リトアニアのカウナス領事館に赴任していた杉原は、ナチス・ドイツの迫害によりポーランド等欧州各地から逃れてきた難民たちの窮状に同情。外務省からの訓命に反して、大量のビザ(通過査証)を発給し、およそ6,000人にのぼる難民を救ったことで知られる。その難民の多くは、ユダヤ系であった。海外では、「日本のシンドラー」などと呼ばれることがある。

樋口季一郎





樋口 季一郎(ひぐち きいちろう、1888年8月20日 - 1970年10月11日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。1938年3月、ユダヤ人がナチスの迫害下から逃れるため、ソ連~満州国の国境沿いにある、シベリア鉄道・オトポール駅まで避難していた。しかし、彼らは亡命先に到達するために通らなければならない満州国の外交部が入国の許可を渋り、足止めを食らっていたのである。樋口はこの惨状に見かねて、ユダヤ人に対し、直属の部下であった河村愛三少佐らとともに即日給食と衣類・燃料の配給、そして要救護者への加療を実施、更に膠着状態にあった出国斡旋、満州国内への入植斡旋、上海租界への移動の斡旋等を行った(オトポール事件)。樋口は「彼ら(ユダヤ人)の何千人が例の満洲里駅西方のオトボールに詰めかけ、入満を希望した」と書き記しているが、芙蓉書房は彼の手記にある数字を勝手に2万人に改竄している。樋口がナチスの人種差別政策に激しい憤りを抱いていた背景には、かつてポーランドやドイツに駐在武官として赴任していた頃寄宿しようと一般家庭に尋ねて行くと、東洋人であると言う理由でことごとく拒否され続けていた。しかしあるユダヤ人の一家庭だけが樋口を温かく迎えてくれたという、彼自身の体験が根底にあったためである。

34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/13(木) 22:25:49.03ID:HmesoSrn0

まあ陸軍と海軍がケンカしてるのに戦争に突入しちゃった事かな
戦時くらい仲良くしろよ


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/13(木) 23:45:36.77ID:aEBJTxzQ0

>>34
日本人の気質もあるのかもしれんが
あれは組織を立法の段階で陸軍と海軍っていう二つの組織に分けたのが問題なんだろうな・・・・二つを統合する組織が事実上無いからな


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/13(木) 23:12:02.69ID:p6CXGh6i0

ある日爺ちゃんとテレビを見ながら飯を食っていると
世界不思議発見だか何だかでラバウルが紹介されたんだ
でレポーターが現地の案内の人のおっさんに話しかけてると
突然爺ちゃんが「あいつ!○○だ!○○だ!」と叫び出した
ついにボケたかと思ったがテロップに本当にその名前が出た
ビックリして爺ちゃんに詳しい話を聞くと、
戦時中はラバウルにいてそのテレビに出てた
当時は子供のおっさんに日本語を教えたり遊んだりしてたらしい
そしてテレビでおっさんが当時の事を話した
おっさん「私が病気にかかって高熱に苦しんでいると日本兵が当時貴重だった薬をくれた」
爺ちゃん「俺だ!俺だ!それ俺だ!俺!俺の事だ!」
とてもうるさい
いい話でこれで爺ちゃんがテレビに出るんじゃないとか思ってたが
爺ちゃん「あれ薬じゃなくて歯磨き粉だったんだわ、あいつ馬鹿で信じてやがるwwww」
俺は誰にも言わないでおこうと決めた


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/13(木) 23:21:18.78ID:p6CXGh6i0

「戦争は女の顔をしていない」より
------------------------------------------
わたしは夜勤でした。重症者のテントに入ると、大尉が横たわっていた。先生方から
言われていました。「今夜のうちに、大尉は亡くなる、朝までもたない」と。
その大尉に訊きます、「どう?何をして欲しい?」決して忘れられないわ。彼はにっこりした。苦しみ抜いたその顔には明るすぎる微笑みだった。

「白衣のボタンをはずして、乳房を見せてくれ……女房と離れてもうずいぶんになる……」

わたしは恥ずかしくなって、何か答えて、テントを出ました。一時間後に戻ると、彼は
もう亡くなっていて、あのときのの微笑みを浮かべたままで……
-----------------------------------------



旧日本軍の戦闘機とか戦艦の画像




1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/24(木) 23:03:41.85ID:Hq6t7sd70

できれば機体名も一緒に





4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/24(木) 23:06:16.78ID:Hq6t7sd70





7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/24(木) 23:07:25.18ID:Hq6t7sd70





6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/24(木) 23:06:36.83ID:sjdFpBMy0

零戦



天山



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/24(木) 23:08:26.40ID:FrzXwyBf0



零戦 五二型


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/24(木) 23:08:41.02ID:sjdFpBMy0

彩雲



彗星



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/24(木) 23:12:41.81ID:Hq6t7sd70







12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/24(木) 23:13:36.96ID:sjdFpBMy0

紫雲



瑞雲



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/24(木) 23:15:13.05ID:Hq6t7sd70





18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/24(木) 23:21:51.60ID:Hq6t7sd70



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/24(木) 23:25:16.95ID:p6+7xYtm0

液冷の頭にたった半年足らずで空冷ぶっこむ改造施すとかマジでキチガイじみてた


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/24(木) 23:48:11.36ID:jS/1E2s0O

>>20
土井さんによればハ-112(金星62型)の補器の位置を変更せずに
防火壁のスペースに収まったの大きかったらしい。
これが収まり切らなかった場合、胴体を改造するか
エンジン後部のレイアウトを見直すことになる。
戦闘機はスペースの設計も命で一式戦3型乙など
試作機が良好でも機首延長加工みたいなことをしていたら
量産見送りになることもあったり。


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/24(木) 23:26:38.28ID:aSjkzY3x0

二式大艇ありますか?









22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/24(木) 23:27:25.11ID:Hq6t7sd70





25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/24(木) 23:31:32.41ID:Hq6t7sd70



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/24(木) 23:33:25.56ID:Hq6t7sd70



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/24(木) 23:35:00.57ID:sjdFpBMy0

二式飛行艇一二型



九七式



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/24(木) 23:40:54.77ID:sjdFpBMy0

長門型



金剛型



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/24(木) 23:47:14.53ID:hdPvzpQJ0

靖国行った時のやつ

五二型零戦と二〇ミリ機銃







九六式榴弾砲と砲弾八九式加農砲



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/25(金) 00:03:34.90ID:o48UgnyiO

>>38
遥々東京行ったのに靖国スルーしたんだよな…
20ミリは52ではなく21型などに搭載された九九式一号二型系統の銃だね
52のは銃身が伸びて(銃身1198mm:全長1861mm)弾倉の無いベルト給弾式になってる


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/24(木) 23:48:43.40ID:Hq6t7sd70



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/24(木) 23:49:14.77ID:sjdFpBMy0

銀河



極光



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/24(木) 23:59:08.96ID:5ic9qkIc0

俺ほぼ毎日こいつ見てる



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/25(金) 00:14:50.20ID:vz31ZY+m0

深山



連山



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/25(金) 00:17:23.65ID:KBzA5K8jO

前上げた画像だけど雷電



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/25(金) 00:38:13.03ID:KBzA5K8jO

米コロラド州で復元中の零戦32型



金属光沢があるのが外板で緑色の部分が翼桁
外板パネルと桁の境目がよく分かる


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/25(金) 00:39:53.29ID:sELg4+a80

キ87の画像ない?


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/25(金) 00:57:18.61ID:KBzA5K8jO

>>60
携帯でよければ



プロペラ側から複列ハ219エンジン、下がオイルクーラー
横に移り上面が排気タービン下の円柱が圧縮空気管、
主翼の付け根前側面が排気口、
最端がオイルタンク
操縦は97式軽爆に似た感じだと言われる


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/25(金) 01:06:23.78ID:sELg4+a80

>>66
試作機1機で写真残ってるんかい・・・


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/25(金) 01:16:16.23ID:KBzA5K8jO

>>73
審査されるものだから無くなっていなければ
どんな機にも写真は残っているだろう。これは1号機だろうけど
飛行機はできないまでも一応2号機が作られ、
先々は10号機まで作る予定だったらしい。


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/25(金) 00:44:05.35ID:+XlSwUM+0







64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/25(金) 00:52:17.28ID:sELg4+a80



吹雪と三隈・・・プラモだけど許して><


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/25(金) 00:57:05.13ID:QhTh0bLp0

戦闘機とか戦艦ってロマンがあるよな


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/25(金) 00:59:25.60ID:+XlSwUM+0



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/25(金) 01:30:43.43ID:kws9ZfVp0



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/25(金) 04:23:23.89ID:2gLQTn+x0



伊勢が一番好き


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/25(金) 12:14:16.69ID:KBzA5K8jO

疾風と雷電のプロモーション映画


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/25(金) 14:10:07.79ID:AR2QmouJO

だれか空母の画像ないか
戦闘機が並んでるのをみるとワクワクしてくるんだが
戦艦も好きだ
こうみると海が好きみたいだけど戦闘機に乗ってみたい不思議


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/25(金) 14:14:17.90ID:k42tIcwO0

>>101



104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/25(金) 14:27:09.15ID:KBzA5K8jO

>>101
相変わらず携帯ですまないが



しかし零戦は陸上基地のイメージが強い
長距離飛行できれば島が制空の優勢を握る証拠なのだろうが


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/25(金) 14:49:14.77ID:KBzA5K8jO

戦艦の航空機といえば着弾観測機があるな



計画のみでは大和型に瑞雲を20機を運用する案もあったとか。


120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/25(金) 23:26:22.62ID:KBzA5K8jO

日本戦闘機で悪かったのは最大速度よりも急降下速度だな…
昇るのが得意て降りるのが下手な戦闘機。
急降下が速いと上方から攻めるのが得意になるが、
初期零戦なんかは逆に昇りながら攻めている
(もちろん爆撃機に対してはエンジンを狙い上方から攻める)。
44年辺りになると殆ど後上方からの攻撃になってしまうけど…。
一番得意なのは追撃状態になったとき小半径の上昇旋回をすること。


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/25(金) 21:11:28.07ID:KBzA5K8jO

1995年に龍ヶ崎に遠征したアメリカPO
F(航空資料館)所蔵の零戦。
エンジンも栄。横転速度にも注目。






永遠の0 (講談社文庫)
永遠の0 (講談社文庫)
posted with amazlet at 11.06.27
百田 尚樹
講談社
売り上げランキング: 177
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1294919860/
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1298556221/


はてなブックマークに追加   はてなブックマークに追加 



まめ速 週間人気記事

まめ速 最新記事

Powered By 我RSS
  • ※1. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 13:38 ID:Gc8G4sBJ0

    南京大虐殺の死者数が戦後増え続けた事だろ  居なくても敵を倒せる

  • ※2. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 13:40 ID:lN998lfi0

    極東のこの戦争(日清戦争・日露戦争)を取り巻く状況には注目すべきことが多い。
    中でもとりわけ目立つのは、ミカドの軍隊の勇気と戦いぶりである。
    我々は不本意ながら、日本のすべての人間の行動を支配し動かす精神力の存在を認めざるを得ない。
    この力はいったい何なのか。
    その存在を感じると、妬ましく、落ち着かず、腹立たしくさえある。
    勇気は西洋にとっても珍しいことではない。
    が、これは単なる勇気ではない。
    その背後にもっと違う何かがある。
    もし、西洋の軍隊がそれをもっていたら、
    西洋のすべての国の軍旗は絶対に汚されることはなかったであろう。
    そういう何かである。
    これは何か。これは何か。これは何か。・・・・・

    1904年10月4日 ロンドンタイムズ紙



    日本が西欧に認められるうえで、日露戦争は有益な学習だった。
    文明世界は奇妙な小男たちの勇気と闘争心に仰天し興奮した。
    彼らは民族衣装であるキモノを着ながら、
    たちまちにして近代戦の技術を習得していたのだ。
    1904年10月4日付けロンドンタイムズの記事が、
    当時のイギリス人の反応を物語っているが、
    それはほとんどのアメリカ人が感じたことでもあった。

    アメリカの鏡・日本 ヘレン・ミアーズ

  • ※3. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 13:42 ID:8jTJADHs0

    レンジャー隊員育成訓練は飲まず食わずで、重装備を背負い何百キロもの移動や戦闘行動を行う過酷な訓練。 蛇やカエルを食べ、教官のいじめに近い嫌がらせに耐えて始めてバッジを手にする事が出来る。 途中脱落者も多く、全課程修了時には10kgも20kgも体重が減っているという。

  • ※4. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 13:42 ID:lN998lfi0

    「アイルランドの親日感情」、北村良和、月曜評論、H11.5.5

    現地の友人とダブリン市のとあるパブに入った。
    何やら、乾杯、乾杯と騒いでいる人々がいる。

    その友人に、何を祝っているのか、と聞いた所、連れのアイルランド人は、
    「何? 今日2月15日はシンガポール陥落記念日なんだぜ。
    日本人の君が知らないなんて、おどろきだよ」と答えた。
    そして、さらに次のように怒られた。

    君達戦後世代は第2次大戦に就いて何も教えられていないらしいが、
    シンガポールは当時世界一難攻不落の要塞だったんだぜ。
    戦艦プリンス・オブ・ウェールズやレパルスが沈められた時も我々は喜んだが、
    シンガポールの時は格別だった。
    君、相手は世界一のイギリス海軍だった事を忘れてはいかんよ。
    それをあんなに見事に陥落させるなんて素晴らしいじゃないか。
    その山下将軍の2月15日を忘れるなぞ信じられないよ。

  • ※5. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 13:44 ID:h5Q6ZfGS0

    >>26
    この話には戦後再会することができたって続きがあったよな?

  • ※6. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 13:46 ID:lN998lfi0

    義和団の乱にて日本とともに戦った
    イギリス人青年ウィールの手記

    ・・・日本人の勇敢さは、このころになると伝説以上のものとなっていた。
    しかも彼らは深傷を負っても、呻き声ひとつ立てない。
    あるイギリスの義勇兵は、隣りの銃眼に立っている日本兵の頭部を、銃弾が掠めたのを見た。
    真っ赤な血が飛び散った。

    しかし彼は、後ろに下がるでもなく、軍医を呼ぶでもなかった。

    ”くそっ!”と叫んだ彼は、手拭いを腰から取り出すとやおら鉢巻の包帯をして、
    そのまま何でもなかったように、あいかわらず敵の監視を続けていた。
    ヨーロッパ人の眼には、それは異様な出来事に映った。

    人間業とは、とうてい思えなかった。

  • ※7. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 13:46 ID:lN998lfi0

    また、戦線で負傷し、麻酔もなく手術を受ける日本の兵士は、
    ヨーロッパの兵士のように泣き叫んだり、大きなうめき声を出したりはしなかった。
    彼は、口の中に帽子を突っ込んで、それを噛みしめ、少々唸りはしたが、そうして手術のメスの痛みに耐えた。
    病院に運ばれた日本兵士たちも、物静かな点ではまったく変わらなかった。
    しかも、彼らは沈鬱な表情ひとつ見せず、むしろ陽気におどけて他人を笑わせようとした。


    イギリス公使館の、すっかり汚れた野戦病院に運び込まれた負傷兵たちは、
    おおむね同国人たちが近くのベッドに並んで横たわっている。
    日本兵の負傷者たちのところには、日本の婦人たちがついて、この上なくまめまめしく看護にあたっていた。
    その一角は、いつも和やかで、ときに笑い声さえ聞こえた。
    ながい篭城の危険と辛苦は、文明に馴れた欧米人、とくに婦人たちの心を狭窄衣のように締めつけ、雰囲気はとかく陰惨になりがちだった。
    なかには明らかに発狂の症状を示す者もいた。

    だから欧米の婦人たちは、日本の負傷兵たちのまるで日常と変わることのない明るい所作に接すると、心からほっとした。
    看護にあたる欧米の婦人たちは、男らしい日本将兵のファンになった。

  • ※8. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 14:04 ID:yIzxSM1k0

    「戦争は女の顔をしていない」は名著。日本とは関係ないけど、WW2におけるソ連の女性達がなにを思ったか、何を見たかがわかる。

  • ※9. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 14:05 ID:UVQDJpge0


    ドキュメント番組を見たんだが、南京大虐殺を経験した日本兵がこう言っていた。
    「御国の命で現地に入ったんですけど、食糧やらなんやらは全て現地調達ですからそれは大変でしたよ。民家に盗みに入ったりもしましたw他にもいろいろしましたよ。泣いて逃げる現地の女をひっ捕まえて、SEXもしました。仲間内で交代ごうたいでレイプですねwwそれで、やった後は殺して・・・・・(略)。別に悪いとはおもいませんでしたね。こっちも殺すか、殺されるかの戦場に置かれてましたから、あれ(レイプ)だけが楽しみでしたよw」

    笑いなが話すことかと、見ていてはらった。戦争なら何をしてもいいのかよ。
    俺は似非日本人の、朝鮮人はくそ嫌いで、マジ滅べって思うが、
    あの日本兵の発言はひいた。

  • ※10. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 14:05 ID:WDeY.sIy0

    戦闘機ばっかじゃねーか

  • ※11. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 14:21 ID:OWvkcjtO0

    *9
    それ、デマって話があったな。どっちが本当なんだろね。

  • ※12. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 14:31 ID:UVQDJpge0

    ※11
    そうなんですか?
    でも、実際に現地で戦争体験した本人が言ってたし
    タイトルわすれたけど本でもそういう話がありましたよ!

  • ※13. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 14:33 ID:H9TlymrX0

    日本軍の場合、本部から作戦命令は出るけど
    1部隊ごとに自由な行動がとれたから(作戦方法は各自で考えろみたいな)
    虐殺が当たり前のようにあった部隊もあれば、
    ちょっとでも略奪したら処刑なんて部隊もあったという話。
    だから個々の事象に関しては、
    そこにいた兵士の証言が正しいんだろうけど、
    それが全体を現すことにはならない。

  • ※14. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 14:39 ID:Qm2JED950

    ※12
    そういう話はちゃんとソースをつけような。
    それを怠るばかりにあべこべになったデマがネット上に広がることになるんだから

  • ※15. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 14:42 ID:UVQDJpge0

    ※14
    了解です!
    すんませんした!次からはきをつけます

  • ※16. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 15:18 ID:GktxLvf30

    こういう人たちが戦ってくれた結果、今の日本があるんだよなぁ……
    そう思うとなんか色々と考えさせられるわ

  • ※17. 名前:名無し 投稿日:2011年06月27日 15:35 ID:ODCFzJkDO

    ※9
    '`ィ'`ィいつもの非日本人さん乙www

  • ※18. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 15:36 ID:lQPmZEnCO

    ※15

    お前ワザとやってるだろ
    見え透いてるんだよ

  • ※19. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 15:37 ID:RjV11wzw0

    鬼軍曹の舩坂弘が出てて安心した。
    あれはもはや人間じゃない。
    一種の生体兵器。

  • ※20. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 15:41 ID:ODCFzJkDO

    >戦争体験した本人


    ほんとに体験したのかも怪しげな人もいるし、体験してもあることないこと脚色して語る人もいる
    話だけをまるっと鵜呑みにするなよ

    そういう経験絶対主義や証言絶対主義ってのはいただけない
    愚者は経験に学ぶってのはよく言ったもんだ

  • ※21. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 15:56 ID:jqTu8Zja0

    船坂弘スレだと思ったらそんなこともなかった

  • ※22. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 15:57 ID:bquqZcQn0

    零戦に狙われたら急降下で逃げるしか無いってのも絶望だけどね。
    高度を失えばもうどうやっても逃げられない。
    ひねりこみながら急降下→失速落下しながら死角に→エンジン全開で離脱
    これくらいしかない。

  • ※23. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 15:58 ID:iniVzVfH0

    ドキュメントとやらの番組名も本の題名も作者も覚えてないのに、
    発言だけは完璧に覚えているID:UVQDJpge0はパネェな。

  • ※24. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 15:58 ID:vJ08oo4y0

    民間人が殺される、強姦されるのが戦争だろ
    何も日本だけが加害者じゃない、アメリカは沖縄に侵攻した際
    ソ連は北方領土、北海道に侵攻した際
    何万人もの民間人を殺し強姦してる
    日本人だけというそういう卑下た妄想は全ての戦争経験者と犠牲者を冒涜してる

  • ※25. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 16:02 ID:at9.G07c0

    ※15
    興味あるんでソースくれないか。
    正確に思い出せなくてもいいので放送局とかどんな感じの番組名だったかとか、
    本ならどんな単語の入ったタイトルだったか教えてくれたらこっちで探すし。

  • ※26. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 16:03 ID:fLHcqIXU0

    ※15
    お前のやっていることは英霊を汚すことだよ
    気をつけるもクソも無い
    証拠も無しにこうだったと言うのは誰にでも出来る
    クズそのものだお前は

  • ※27. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 16:08 ID:0gTRwOGY0

    タイムリーな話、被災地で一番の功労者である自衛隊をねぎらう番組ってやらないよね
    政治家なんて自衛隊員の一滴の汗にも満たないくせに
    菅が被災地の避難所に行くだけですごい警備体制とってたな

  • ※28. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 16:17 ID:Gdv02eVV0

    米9
    向こうの雇われ現地人も、
    ちょっと戦えば立派な「日本兵」だからな。
    日本人とは言ってない。

  • ※29. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 16:18 ID:2dR7Ac5E0

    ※9
    反日外国人のフリしたニートってとこかな
    創作にしても文章が残念すぎる

  • ※30. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 16:27 ID:2dR7Ac5E0

    ※9
    ああ、ついでにそのドキュメント番組が本当なら調べてやるから
    いつ何時くらいにどの局で見たのか大体でいいから言ってみろ?

  • ※31. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 16:27 ID:hhAuRFeR0

    ディスカバリーかナショジオでやってた番組。
    米軍が島の現地民と仲良くなって島に来た日本兵を現地人のやり方で拷問しまくって最後さらし首にしたとかやっててすげえ欝になった

    でも一番きつかったのが米軍で率先してやってた兵隊さんの嫁さんがそれを嬉々として取材陣に語ってたとこ

  • ※32. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 16:27 ID:UVQDJpge0

    ※25
    TVはたぶんNHKの番組としか思い出せない、3年前ぐらいの夏休みにやってた番組です!
    本は「本当にあった戦争の話」的な名前です

  • ※33. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 16:30 ID:UVQDJpge0

    なんかデマ扱いされて、めちゃムカムカするんだがww

  • ※34. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 16:31 ID:UVQDJpge0

    ※29.
    記憶で書いてるんだからしょうがないっしょw

  • ※35. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 16:34 ID:UVQDJpge0

    ※28.
    いや、インタビュー答えてたのが日本人

  • ※36. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 16:34 ID:DitKNwhS0

    ※24
    北海道…?
    お前の学の無さは教育に対する冒涜だは

  • ※37. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 16:35 ID:lL5b2lye0

    ホルホルタイムはっじまるよー!!

  • ※38. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 16:41 ID:UVQDJpge0

    ※24.
    同じ日本人がその行為をうれしそうに話すから、腹立つんだよ。

  • ※39. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 16:44 ID:UVQDJpge0

    ※32
    悪い、NHKじゃないかも汗
    BSで見た気がするから

  • ※40. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 16:46 ID:V7vefhSJ0

    特定しづらいキーワード並べてこれがソースって
    デマ扱いされて当たり前だろ

  • ※41. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 16:48 ID:0YP7Rt6q0

    そのドキュメントが朝日のやつなら自称日本人の年齢があってないってオチがついたな
    テロップに出てた年齢がその当時の学徒兵になる年齢にも満たないのに南京にいるのはおかしいって話だ

  • ※42. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 16:50 ID:GJx9501f0

    ああ、扶桑
    いいシルエットだ…

  • ※43. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 16:50 ID:SFS1fE0c0

    こういうのを読むと、当時の日本兵が世界と比べて比較的強かったのは学力の差が大きかったのかね。
    砲撃などの機械操作の計算の速さや、マニュアルの明文化など、一兵卒の理解度が各国に比べて一様に高かっただろうな。

  • ※44. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 17:00 ID:rFcvhIem0

    ※32
    なるほど明確なソースを提示できないんだね。
    書籍名や番組名を提示できないってことは、思い込み・思い違い・嘘ってことになる。

  • ※45. 名前:一般人 投稿日:2011年06月27日 17:04 ID:e6.ntbVo0

    ソース出せって言ってるヤツって、このスレの本文全部ソース知ってるわけ?  
    証言は信じられないって言ってるヤツは、坂井三郎さんの証言も信じてないのか?
    日本が悪印象になる話(レイプの話)を全否定するのはちがうだろ。

  • ※46. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 17:10 ID:2dR7Ac5E0

    こっちが先に見つかったわ

    松岡環という反日教師
    http://www.tamanegiya.com/matuokatamaki.html

  • ※47. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 17:11 ID:7u1.Ve3u0

    日本の為に戦い亡くなった人々に対して
    畏敬の念を持つのは当然のことなのに。※9と来たら・・・

  • ※48. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 17:27 ID:2dR7Ac5E0

    >UVQDJpge0
    とりあえず焼き土下座な
    お前の創作ではなく反日馬鹿の創作だったわけだが
    「コンクリ事件の関係者が芸能人の○○」というデマを真に受けて突撃した馬鹿と同レベル

  • ※49. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 17:36 ID:at9.G07c0

    ※45
    そういう名前はかえって誤解受けるぞw

    なんでかって、近年の日本はTV報道の倫理的なものにはうるさいだろう?
    PTAしかり、お隣の国も事あるごとに文句言ってくるし。
    それを内容まではともかく、笑いながら話したってのは相当なものだよ。
    外国・・・例えばアメリカで日本人対象に同じ内容放送されたら、日本でも少なくとも
    ネットでならちょっとした祭りになると思うよ。
    それこそ※9の言うとおり、日本人だってはらっちゃうよ。

    だからそのとんでもない番組をどの局で放送し、どういうスタッフが作ったのか、
    どんな奴がインタビュー受けてたのか、気になる訳だ。
    ※9が嘘つきだとは決めつけてはいないからソースを求めた。
    正直、その番組に嘘がある可能性があるとは思ってるけどそれも決めつけてないよ。

  • ※50. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 17:41 ID:rFcvhIem0

    ※45
    あのな、もう少しよく読め。
    「とある事象Aがあったという発言をした番組・書籍がある」
    「その番組名・書籍名は?」
    「……」

    ってことだぞ?
    ソースがあるなら、そのソースの内容の検証という作業がある(坂井三郎の話の場合、
    一緒に編隊宙返りしたパイロットの証言やオーストラリア軍側の記録など)。
    しかし、※32の場合、証言も何も、「そういった証言があったというソース」すら提示できていない。だから、信頼性が疑われるのもソースの提示を求められるのも至極当然。
    あと、誰も全否定していないと思うぞ。事実、戦争には残虐な行為が付き物だしな。

    ただ個別の事象を語るとき「ソース」は大切ですねってこと。

  • ※51. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 17:41 ID:6KF4Q0gL0

    俺がこんな凄い連中の末裔だとは思えない

  • ※52. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 17:44 ID:Rz2ZiSYM0

    まあまじでこういう日本兵の勇猛さがなかったら、今頃分割されて戦争状態になってるのは日本なのかもしれんな なんかそういう小説なかったっけ

  • ※53. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 17:49 ID:z4W3GaAY0

    いや、レイプぐらいならあったと思うぞ。
    日本人でも殺人するやつなんか他より少ないだけで一応いるんだからな。
    それにあのときは乗りに乗ってた時だから無法が通ってた思うぞ。
    まぁ戦争やってたらどこの国でも図に乗った相手のこと考えない屑ならしそうだな。
    日本だけってわけじぇねーと思う。アメリカもやったろうし、ほかの国やった例はあると思う。
    まぁとにかく勝った国の下っ端がそんなことするのはあったと思うぜ。
    でもそいつらは、今でいう屑の部類だからそればかりがあったって考えをするのはナンセンスなんだと俺は思う。
    気にするな!どんまい!

  • ※54. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 17:50 ID:MAtdifwr0

    今はなき祖父に聞いた話だけど、支那戦線では普通に略奪とか強姦はあったみたいだよ。
    今考えれば嫌な話だけど、当時の世界の民度ではしょうがないと思う。
    日本兵だけじゃなくて米兵だって普通に行なっていたんだから。

  • ※55. 名前: 投稿日:2011年06月27日 17:59 ID:iQRCS72xO

    日本兵の幽霊は雰囲気出てる。

  • ※56. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 18:07 ID:d6cIQVOF0

    ※27
    文官政治をうたってる日本が軍人を誉めるわけにもいかんのだろう。
    平和ボケした市民に文句言われながらも任務を全うするのが正しいあり方だ。
    ただ個人的には同意見でやはり誉めてもいいんじゃないかなって思ったりする。

  • ※57. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 18:14 ID:.ZmPC5bI0

    兵士1人が日本刀1本で100人以上斬り殺せるほどの戦闘能力と有り余る予備の日本刀を持ち、
    以下略

  • ※58. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 18:28 ID:2KsCm33o0

    何故わざわざ荒れる話題にからみ続けるのか

    >>12
    >>16
    は会田 雄次「アーロン収容所」がソースかな

  • ※59. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 18:35 ID:ZBWjoyZp0

    エピソードをいっぱい読みたかったのに
    途中から画像スレになっちゃってるのが
    ちょっと残念だったな

  • ※60. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 18:41 ID:UVQDJpge0

    ※49さんなんか、とばっちり受けてますね・・・
    ホントすみません。

    ※50.さんもすいません。内容しか覚えてなくて
    TVの方はNHKスペシャルか、証言記録って番組のどっちかだったと思います。
    本は父が持ってた物なので、出版社はNF文庫かもしれません

  • ※61. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 18:52 ID:LQssvblB0

    >>102
    B-52でけえええええ

  • ※62. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 18:57 ID:02frJD4E0

    ※53
    当時の日本兵の軍服をよく見てみるといい。
    あれは一度着込んだら直ぐに脱げない作りになってる。片手じゃ外せないんだよ。
    レイプしようとして捕まえても脱いでる間に逃げられるわ。
    日本人になりすまして暴れまわってた朝鮮人日本兵なら居たみたいだが。

    あと※9みたいなのは支那共産党のプロパガンダで相当使い古されたネタだ。
    まあ分かっててやってるんだろうけど。
    南京大虐殺についてはもう随分研究が進んでるし、あったと主張してる中国側からは結局決定的な証拠は出ていない。
    写真や映像は尽く捏造だった事が既に証明済み。
    無かったということを証明することはできんよ、悪魔の証明になってしまうからね。
    まあ当時大量に現地に居た世界各国の記者達からも証拠写真の一つも出てこないってのは決定的じゃないかね。

    20万の人口をどうやって30万人分も殺せるのか?
    虐殺があったというのならその間、中国軍はどこで何をやっていた?
    30万もの人間を軍が到着するまでに皆殺しにした挙句綺麗サッパリ跡形も無く消したとでも言うのか?
    戦後の南京の人口は25万人だそうだがこいつらはどこから来た?

    ちなみに支那共産党が主張するような残虐な殺し方は、「通州事件」で実際に日本人がやられてる。
    たぶん自分達ならこうするから相手もそうだろうと考えて嘘八百並べてるんだろうな。

  • ※63. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 19:05 ID:0lYVloRF0

    結構はじめてみるコピペ多くてびっくり
    こんなにもあるのか 自分でも探してみようかな

  • ※64. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 19:08 ID:81VshrQt0

    南京大虐殺を経験(笑)とかID:UVQDJpge0は共産中国人か反日朝鮮人ってことでいいの?

  • ※65. 名前:チョソ狩り刑事 投稿日:2011年06月27日 19:10 ID:fPzIu4X6O

    日帝最強だな(笑)

  • ※66. 名前: 投稿日:2011年06月27日 19:17 ID:U05bQ6aw0

    27は鳥肌だな

  • ※67. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 19:17 ID:sh2bMP9P0

    荒れる原因になってるからID:UVQDJpge0はもう書き込まないほうがいいんじゃないか?

  • ※68. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 19:25 ID:SkzRF0Tm0

    一応外務省の公式見解も貼っておこう
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/qa/08.html

  • ※69. 名前:ヒマつぶし 投稿日:2011年06月27日 19:34 ID:mNdDQ9q7O

    皆さん品のあるいいお顔ですね。私たちの先祖は厳しくも美しい…今の政治家とか有名無名で活躍してる人達の顔つきはなんとも見ていたくない顔ばっかり。

  • ※70. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 19:34 ID:Bjil9eqD0

    証言なんて証言者の立場や、その時点の時勢で幾らでも変わる。
    左翼全盛の頃に書かれた日支事変の体験談なんて、人民解放軍が勇敢無比、規律正しい武士道の亀鑑であったかの如く書かれている。行った事も無い戦線の体験談を証言しちゃう奴も居る。
    裏打ちする物証の無い証言なんて無価値だよ。

  • ※71. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 19:56 ID:xzevnwl10

    中瀬泝 大佐

    第29代 戦艦伊勢の艦長。
    エンガノ岬沖海戦(レイテ沖海戦)において数十回に及ぶ米艦載機の爆撃・雷撃をすべて
    取り舵による左への方向転換で回避する神がかり的な操艦指示を行い戦艦伊勢を守り抜いた。敵対したハルゼー大将は、「老練なる艦長の回避行動により、ついに一発の命中弾も得ず」と驚嘆した。

    もっともこれには艦長の発令以下、副長の復唱、操舵長の絶妙なタイミングでのあて舵の発令が功を奏したともいえる。

  • ※72. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 19:58 ID:R1t7GMHjO

    もし南京大虐殺が本当にあったなら日本兵は最強
    人数とか調べてみればやべぇってなる

  • ※73. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 20:04 ID:SkzRF0Tm0

    じゃあ三笠宮殿下の発言を

    最近の新聞などで議論されているのを見ますと、なんだか人数のことが問題になっているような気がします。辞典には、虐殺とはむごたらしく殺すことと書いてあります。つまり、人数は関係ありません。私が戦地で強いショックを受けたのは、ある青年将校から「新兵教育には、生きている捕虜を目標にして銃剣術の練習をするのがいちばんよい。それで根性ができる」という話を聞いた時でした。それ以来、陸軍士官学校で受けた教育とは一体何だったのかという懐疑に駆られました。
     また、南京の総司令部では、満州にいた日本の部隊の実写映画を見ました。それには、広い野原に中国人の捕虜が、たぶん杭にくくりつけられており、また、そこに毒ガスが放射されたり、毒ガス弾が発射されたりしていました。ほんとうに目を覆いたくなる場面でした。これごそ虐殺以外の何ものでもないでしょう。

    (聞き手 中野邦観・読売新聞調査研究本部主任研究員)

  • ※74. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 20:15 ID:yQTjtfdB0

    【パラオの民間人を救うために玉砕した日本兵の話】の後日談

    あのピースビートの辻元清美が、「こないだパラオへ視察に行ったら
    日本兵のせいで家族が殺された」と、パラオのお婆ちゃんから
    罵倒されたわ~・・・と、嬉しそうに嘘をブログで書いた。

    あのブログ、今でもあるのかなー。

  • ※75. 名前: 投稿日:2011年06月27日 20:23 ID:6m8rWPDyO

    不死身の鬼貫

  • ※76. 名前:名無しのサッカー中年 投稿日:2011年06月27日 20:33 ID:NxpbkAVLO

    高校二年の担任が日教組とは正反対の右翼的な考えの先生で、薦められて坂井三郎さんや岩本徹三さんなどの戦記を読み漁った。
    バロン西さんとか、もう本当の武士だよ。

  • ※77. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 20:33 ID:yZf9JZ140

    斜め銃の画像ください^q^

  • ※78. 名前: 投稿日:2011年06月27日 20:37 ID:Pc9BLdwfO

    なんで途中からミリオタが出張ってるんだようぜえ

  • ※79. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 20:51 ID:SkzRF0Tm0

    『真崎甚三郎日記』より

    (一九三八年)一月二十八日 金 晴

    九時より約一時間散歩。

    十一時江藤君来訪、北支及上海方面の視察談を聞く。同君は自ら日露戦争の苦き実験あり、今回も主なる責任者の談を交 へて研究せり。従て同君の意見は相当に権威あるものと云はざるべからず。之によれば一言にして云はば軍紀風紀頽廃し 之を建て直さざれば真面目の戦闘に耐えずという云ふに帰着せり。強盗、強姦、掠奪、聞くに忍びざるものありたり。

    (『真崎甚三郎日記 昭和十一年七月~昭和十三年十二月』 P263)
     

    四月一日 金 晴

    塚原君四時半に来訪、予を伴ひ共に築地四丁目藍亭に至る。上海毎日新聞社長深町君を主賓として其の談を聞けり。会する者小寺、米田、森及勝次なり。別に耳新しきことあらざるも軍の不統一、掠奪強姦の例、支那が降伏せざること等に関する談話なりし。十一時に米田、森等と共に帰宅す。十二時まで語る。

    (同 P291~P292)

  • ※80. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 21:02 ID:yZf9JZ140

    ※73
    これ理由に南京事件あったとかホザくバカが多いんだけどさ。

    三笠宮が参謀として南京にいたのは1943年~44年。
    1937年の南京事件とは何の関係もない
    さらに
    『青年将校から聞いた』
    『【満州】での映画を見た』→南京と全く関係ない場所の【映画】
    信ぴょう性皆無だぜ、これ

  • ※81. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 21:03 ID:Wc0YaO8.0

    かつて「極東の憲兵」と言われ、アジア・南米から敬意を表され同時に欧米から恐れられていた日本軍

  • ※82. 名前:名無し 投稿日:2011年06月27日 21:22 ID:b5zIUU8gO

    米を背負ったまま餓死っていうのが感動した
    そのほかの話も凄く良かったのに、な ん で 途中から戦闘機の画像スレになってやがるんだ

    冷めたわ

  • ※83. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 21:25 ID:lZdBs8uh0

    >>80
    この映画って、大方「黒い太陽731」でも見ちゃったんじゃねーの?
    さらにその原作の「悪魔の飽食」を読んじゃったとかさ。

    映画が中華産、原作者が共産党シンパってだけで信憑性あるわけねーw

  • ※84. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 21:49 ID:O4hpNiD20

    ソースどころか真偽判定まで※46に出てるのにいつまでグダグダ言ってんだよ

    個人的には戦時中だから民間人の犠牲や略奪強姦もあったんだろうな
    何処の国にも屑はいる

  • ※85. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 21:57 ID:O4hpNiD20

    おっと途中で送信してしまった

    無かったとは言い切れないからな残念ながら
    だがそれをダシにして糞ったれな真似をする奴は
    敵味方関係無く命をかけて戦った兵士と全ての犠牲者の尊厳を踏みにじる事行為だ

  • ※86. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 22:03 ID:dJ.rHpCB0

    ろくに防空も出来ない
    輜重など知らない
    資源もない
    仮に確保しても輸送手段考えていない
    そのくせにアメリカに戦争売ったところがすごい
    ちなみに
    ルール工業地帯における高射砲=日本全土に配置された高射砲
    これ豆な

  • ※87. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 22:03 ID:4bmJIwin0

    72. 名前:ゴンベイさん 投稿日: 2010年04月06日 00:18 ID: 6gnzeGsh0 [編集]
    インドで傭兵としてパキスタン軍と対峙してた時、遠くから歌が聞こえてきた。
    知らない言葉の歌だったが味方じゃないことは確かなので
    銃をそちらに向けたとき、上官に殴り飛ばされた。
    何がなんだかわからなかったが不思議なことに、
    パキスタン側でも銃声がやんでいた。
    歌声の主は数人の年寄りで、われわれに気づかないのか
    旗を持って一列で歩いてきていた。
    われわれ側もパキスタン側もその数人のお年寄りが通り過ぎて見えたくなるまで
    一発の銃弾も発射しなかった。
    結局その日から2日間は戦闘は再開されなかった。
    停戦命令も出ていないのにどうして戦闘がやんだのかわからずに、
    上官に聞きに言った。

    その年寄りたちが歌っていたのは日本の軍歌で
    持っていた旗は日の丸だということを聞いた。

    その話を聞いてその夜は泣いた。
    ものすごく泣いた。

    その年寄りたちは第二次世界大戦で死んだ戦友を弔いに来ていたのだと知った。
    こんな危険地帯なのに、第二次世界大戦から何年もたっているのに、
    戦友を弔うためにこんなところまで来てくれる人たちがいることに涙が出た。

    あとから知ったが、パキスタン側もそれが日本人で
    かつてインド(パキスタン)独立のためにイギリス軍と戦った人たちだと知って
    敬意を表して戦闘を中断したそうだ。

    この半年後、傭兵を辞めて日本に留学した。
    たくさん勉強して日本語の読み書きも覚えた。
    何年もたって、日本のお酒が飲めるようになって、
    サクラを見ながら飲んでいたとき、サクラの花びらがコップに入った。
    それを見て急に涙が出てきた。
    あの年寄りたちのことを思いだした。
    日本人が本当にうらやましい。

  • ※88. 名前:ええ話や 投稿日:2011年06月27日 22:06 ID:PUtb2u73O

    団塊ジュニアの私の子供の頃はまだ戦後30年あまりで、小学二年の担任が定年間近の戦争帰りの老教師で戦争体験を沢山話してくれた。
    左右の指が一本ずつなかったり、背中・うなじ・右足と至るところに傷痕があり、勇ましい話から戦後数年かかって復員するまでの話など壮絶な話でもユーモアを交えて話してくれたのでクラスのみんなが先生の話を楽しみにしていた。
    指がなくて全身傷痕だらけの先生が話すとどんなことでも説得力があり、クラスにはイジメなど一切なく「河合先生みたいになりたいな~」と思う生徒も多く、実際に一昨年の同窓会ではクラス40人中6人が先生になってた。
    普通の市立の小学校にもかかわらずそのクラスの大学進学率8割を越えてた。
    何か言葉にできないけど、戦争体験者は凄いよ。

  • ※89. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 22:18 ID:l3jzi0170

    日本軍の幹部連中の性根の腐り方
    逃げ腰、責任転嫁には本当にウンザリするが、
    兵士には凄まじい人が大勢居るし、
    戦闘機や戦艦の名前はやたらカッコイイんだよな

    そういえば、この日本軍幹部の腐り具合って
    戦後の日本のあちこちにしっかり残ってるよな
    東電の幹部連中とか驚くくらいそっくり。
    どんな選択ミスしようが一切責任取る気なし、身内のミスは追求しない
    下っ端が死ぬのはどうでもいい
    バカ大衆は大本営発表を黙って信じてればいい、みたいな態度
    完全に生き写し

  • ※90. 名前:ソースはうちの親父 投稿日:2011年06月27日 22:22 ID:f.rCL2F60

    うちの親父は昭和8年生まれ。戦争に入ってないが疎開はしたそうだ。
    親父曰く「軍国少年だった」そうで、子供の頃床屋の親父が
    「中国でちゃんころ(って言ってたかな?)の首を日本刀で切り落とすと、そのまま少し走ってから倒れるんだぜ」と言っているのをきいて
    「こういう勇ましい軍人になりたい」と思ったそうだ。

    ホントに床屋の親父が生きてる人の首を切り落としたか、その体が走ったかは今となってはわからん。子供相手の与太話だったのかも知らん。
    ただ、親父がそういう話を聞いて「立派な軍人になりたい」と思ったのはホントだぞ。
    「昔は全員がそう思っていたはず。そういう教育を受けたから」だそうだ。

  • ※91. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 22:35 ID:zw4XEzzc0

    写真の紫電って本当は紫電改じゃないの?
    紫電って強風からフロート外しただけじゃなかった?
    紫電は中翼、紫電改は低翼と覚えてたんだけど。
    写真の機体、低翼に見えるんだけど紫電なの?

  • ※92. 名前:<emoji:hot_bath> 投稿日:2011年06月27日 22:46 ID:nScsGFb5O

    兵士として戦争体験を楽しく勇ましく話す方は、死期が近づくにつれて、長い間胸の奥底に秘めてきた、自らの犯した罪を語り始める。戦死した戦友たちが毎晩やって来て、ベッドの周りに立つんだと。何も言わず、じーっと自分を見る様が「それでいいのか?」と自分を問い詰めてるみたいなんだと。そんなこと話しながら、あの末期癌のじいさんは亡くなっていったなぁ。

  • ※93. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 22:46 ID:yG.0fV5t0

    あの時期に朝鮮半島滅ぼしておくべきだった
    チョンを根絶やしにしておけば、ちょっとは今の世界もマシだったろうに

  • ※94. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 22:59 ID:pEdY0OtO0

    風景画像や今回の記事とか興味津々で、一番注目のブログになってます。
    今後もよろしく。

  • ※95. 名前:ええ話や 投稿日:2011年06月27日 23:01 ID:LmKUb5SaO

    「坂の上の雲」でも出てくる超人的なエピソード!
    冬はマイナス40度になる極寒の戦場(冬は休戦みたいなもん)。日本兵に与えられた防寒具は、せいぜいマイナス20度に耐えられる程度。
    マイナス18度の冷凍庫での作業をしたことあるからその凄さがわかる。

  • ※96. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 23:01 ID:eLiv.yod0

    ※93
    なんかすぐにお前みたいなこと言う奴がいるけれど、大日本帝国の臣民として日本陸海軍に従軍して勇敢に戦った朝鮮人日本軍人が居る事を忘れてはいけない
    独立運動が決して多数派でなく、彼らのほとんどが日本人たる自覚の元に生きていたことも

    無論、今の韓国北朝鮮に反感を覚えるのは判るけれどもね

  • ※97. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 23:14 ID:qp.xweaV0

    北の金将軍は旧日本軍大好きだけどね
    自軍のモデルにするくらいだから
    中野学校も好きなんだってさ

  • ※98. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 23:26 ID:qp.xweaV0

    ※93
    むしろ緩衝地帯という役割だけ与えといて併合しなかった場合の歴史を考えると面白い
    果たして併合されなかった半島は国家としての体裁は保てただろうか?
    まあ在日のほうが国内問題だから現実にはもっとやっかいな話だよな

  • ※99. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月27日 23:38 ID:EXgYyIto0

    爺ちゃんが、制裁を行っていた上官に反撃したら、その上官はもう何もしてこなくなったんだと。

    こういう上官みたいな奴って、現代の日本に脈々と受け継がれてるよね。

  • ※100. 名前:キカイダー 投稿日:2011年06月27日 23:39 ID:.VGMcmXEO

    731石井部隊 終戦時実験データーをアメリカに渡し戦後長生きした男石井四郎

  • ※101. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月28日 00:19 ID:QcsAdZJZ0

    ※9 

    それもしかして金子さんのインタビューじゃない?オレも見た事があるよ。
    確かYOU TUBEで見た気がする、まだあれば其処で見れるんじゃないかな

    みなさん知っての通り

    『 金子 』の姓は、日本人の名では無い。

    そして彼らは当時、実際、本当にレイプ事件を頻繁に起こしている。

    三国人企業の電通がテレビを牛耳っている日本では全く報道されないが
    当時を知る現地の原住民は正直に有りのままを話してくれる。

    日本兵の中に混じっている朝鮮人達は本当に酷かったと。
    彼等は日本人と顔が違うから、すぐに分かると。

    【 それらの犯罪を全て、三国人達は日本兵の仕業にして罪をなすりつけてる訳です 】

    恥ずべき事をした時や「 最後の時 」に実際に切腹をしていた様な異常な迄に厳しく自分を律する大和魂やサムライ魂の本物が当時は、まだ生きていましたた。

    ほんの60年位前までは本物の大和魂、サムライ魂は生きていたんです。

  • ※102. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月28日 00:20 ID:QcsAdZJZ0

    ほんの60年位前までは本物の大和魂、サムライ魂は生きていたんです。

    それで尚且つ、世界でも有名な程の厳しい軍規の旧日本軍の将兵達、そんな彼等が

    日々の鍛錬を惜しまず、本物の武士道に生きていた大和魂を持った侍が
    ニヤニヤしながら白昼堂々レイプしますか?
    そんな今迄自分の必死の努力、誇り、生き様をドブに捨てる様な事をしますか?

    俺達に「日本軍は特亜に酷い事をしてきた」と、そう教えてきた日凶組の教師達

    が実は、みんな「 三国人 」だったではないか。

    「 日本軍は内部から腐り果てた組織 」そう教えたのは通名で日本人名を勝手に騙る

    犯罪者の三国人だったではないか。

    日狂組自体が工作員組織そのものだったではないか。

    残念な事に日本の教科書は本当の日本の歴史を教えません。
    戦後にGHQが、どれだけ洗脳工作をやって来たか、どれだけ検閲で真実を握りつぶして来たか
    知るべきです。

    置き土産がテレビ、新聞、日狂租等の洗脳、先導の工作活動なんだから
    彼等の言う事を鵜呑みにする事自体が間違っています。

    http://www35.atwiki.jp/kolia/

  • ※103. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月28日 00:57 ID:SNVFtom30

    >91
    つーか、紫電改は通称で、紫電21型のこと。
    設計はかなり変わったが、紫電シリーズとみなされてた。

    まー、写真の「紫電」改21型って表記もおかしいけどな。
    諸葛亮孔明みたいな、氏名と字を一緒に書いた
    あり得ない表記だ。

    紫電21型、もしくは、紫電改、って書かないと。

  • ※104. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月28日 01:01 ID:PNFnSw2G0

    ※102
     まあいろんな日本人がいただろうさ。
     俺の爺ちゃんのように、部下にも優しく、何一つ威張ろうとしなかった立派な人もいたし、
     俺の爺ちゃんに制裁を加えるような意地汚い奴もいる。

  • ※105. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月28日 01:13 ID:lj3xglhZO

    毎度のことながら、こんな記事で軍靴の足音が聞こえてきたり日本は昔こんな酷いことを云々とかの流れに持ってく輩が居ることに寒気がするね

    同じ土俵に乗って声高に叩くこたぁない。そもそも虐殺虐殺言い出す輩から当時の大陸事情を語るに欠かせないゲリラや便衣兵が出てこない時点で情報が偏り過ぎてるわ

  • ※106. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月28日 02:07 ID:um5y7M4M0

    次やるときは勝つ

  • ※107. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月28日 02:39 ID:ne2llYn4O

    どんだけ持ち上げたところで、復員者のほとんどが社会復帰の難しい「昭和の怖いオヤジ」になったのは知るべき

  • ※108. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月28日 02:40 ID:ydGo1D3D0

    右派にせよ左派にせよソースのうさんくささは異常

  • ※109. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月28日 02:54 ID:5zy5ZRpG0

    ※105
    軍靴の足音が聞こえてる輩はどこにもいないような気がするのだが……

  • ※110. 名前:アホ 投稿日:2011年06月28日 03:18 ID:nyGX7haa0

    矢弾尽き果て散るぞ悲しき 栗林忠道
                        カッコイイです!!

  • ※111. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月28日 03:27 ID:SFBVFI5Q0

    >>10の「歓迎する」ってのは言葉通りに読んじゃダメなんだよね?

  • ※112. 名前:通りすがり 投稿日:2011年06月28日 04:21 ID:QRGrjg6OO

    皆さん、一度でもいいから光人社のノンフィクション文庫を読んでみてください くだらない仮装戦記よりも遥かに面白い オススメは高崎伝の「最悪の戦場に奇跡はなかった」泣く子も黙る日本陸軍最強とうたわれた第18師団の一兵士の体験談です。これを読めば少しでもあの戦争の真実がわかります

  • ※113. 名前: 投稿日:2011年06月28日 05:26 ID:ULPNTyttO

    お前らこんな話題で盛り上がれんだ 先人の血の犠牲の上にある現在の平和をもっと有り難く思わなきゃな 少なくとも引きこもったりオタクしてる場合じゃ無いぞ

  • ※114. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月28日 06:33 ID:UvZSxxLK0

    昔の人はすごかったな~と口をあけてバカ面晒している間に
    優秀な韓国人により戦わずしてまた敗戦ですね。

  • ※115. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月28日 08:00 ID:8nys8.q10

    戦争も切羽詰ってくると街のヤクザやチンピラも徴兵されるようになる。
    まぁ、普段の素行が悪いだけで国に逆らおうっていう連中じゃないから
    軍隊に入隊するんだけれど、そこで問題になるのが彫り物。
    陸軍のことはわからないが、当時海軍にいたウチのじいさんの話だとそう
    いう連中はやっぱり軍隊に入ってもあまり態度が良くないのだが背中の
    彫り物を軍規にしたがって落とすと一発でおとなしくなったそうだ。
    その刺青の落とし方とは希硫酸で背中をこすり洗いするというもので、数
    人で押えつけておいて一気にやるんだとか。ものすごい悲鳴をあげて以後
    はすっかり気のいい若者に戻ったとか。

  • ※116. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月28日 08:10 ID:TcsAA0MT0

    名前がステキ
    車やバイクも漢字二文字で付けろよ

  • ※117. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月28日 08:51 ID:tS.vhP7R0


    ※101『 金子 』の姓は、日本人の名では無い。

    こういうデマを確認もせず流す奴が一番たちが悪い。
    http://rokusan.comoj.com/ln4.html

  • ※118. 名前:名無し 投稿日:2011年06月28日 09:41 ID:R6gjcAuYO

    こういうの見たらやっぱ戦争って美しいと感じるよな

  • ※119. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月28日 09:48 ID:geSZlqmg0

    読み書きできるとか計算ができるとかは、日本はもっと昔から
    幅広い層があたりまえに出来てたみたいだね

    外国じゃ王様すら読み書きできない、なんてザラだったとか

  • ※120. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月28日 10:55 ID:LdLMmXvV0

    もう10年くらい前になるんだけど、深夜にやってた「特攻隊生き残り」の回顧録ドキュメント番組がめちゃくちゃかっこよくて泣けた。
    職業軍人と招集された素人軍人では特攻作戦のとらえ方が全然違うんだよね。
    空が大好きで、飛ぶには軍に入るしか無かった時代、軍パイロットってだけで誇りに満ちあふれているんだよ。
    でも、実際戦局は悪化する一方で、何の成果も上げられずジリ貧のまま犬死するしかない状況ってのが、飛行機乗りにはたまらない屈辱だったっていうんだよ。
    大本営から特攻作戦が発表されたとき、もう職業飛行機乗りは余りの崇高な使命に身震いしながら感涙を流したというんだよ。洗脳されてたという意味じゃなくて、やっと、飛行機乗りになって、やっと敵に一矢報いるチャンスが来た、と。ずるずる犬死するしかなかった人生に、やっと崇高な死に場所が見つけられた、と。
    ところが実際軍としては職業パイロットは軍の宝だから失うわけにはいかない。不慣れな学徒兵から消耗戦につぎ込んでいく。
    ここでまた「何故俺たちに行かせてくれないんだ!」と歯ぎしりして悔し涙を流すんだ。目の前で散っていく半人前をただただ見送るしかないんだよ。
    特攻隊の生き残りを生き恥的に言う、言われるっていうのは、ここまで深い意味があってなんだよな。
    そんなじいさん達が熱く語る話って、もう戦争云々より、ほんとに純粋な飛行機少年のそれなんだよ。

    あのドキュメント番組、マジでもう一回みたいな。

  • ※121. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月28日 12:55 ID:xuWAYz5f0

    こんだけ優秀な人材を無駄に死なせちゃったから
    卑怯者だけ生き残ったクソみたいな国になったんかな

  • ※122. 名前: 投稿日:2011年06月28日 13:54 ID:JrpeYIknO

    海軍エリートなんて今のラサールが足下にも及ばないほど頭良かったらしいしなあ

  • ※123. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月28日 14:37 ID:tKhv4jsG0

    戦時中のカミカゼとかバカにしてた奴らも、
    福島の事故があって以来、
    死ぬとはどういうことかすこし理解し始めた。

  • ※124. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月28日 15:49 ID:xA.iNzeI0

    年間3万人、実際は10万人が自殺している今の社会。
    現代と戦争時の「死ぬ」がどういうものなんだろうな

  • ※125. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月28日 17:31 ID:5zy5ZRpG0

    特攻隊員に「後から行く」と行って実際に後追いしたのが大西と宇垣だけ、というのだから、戦時と平時では「死ぬ」ってのは違う感覚なんだと思う

  • ※126. 名前:ーん 投稿日:2011年06月28日 18:38 ID:5N73CSgAO

    むずかしいな

  • ※127. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月28日 18:46 ID:6793J8cv0

    >>36
    じいちゃんwwwwwwwwwwwwwwwww

  • ※128. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月28日 23:26 ID:n4EuX3y00

    尊敬できる人ってのがきっとゴロゴロ居たのだろうね。本当羨ましい。

  • ※129. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月28日 23:32 ID:sthlSzHY0

    掛け算できない文字読めない奴らに負けたんか
    物量なんだね…

  • ※130. 名前:アッキー 投稿日:2011年06月29日 00:04 ID:T8cXVQuEO

    俺の股間の日本兵も小学生高学年から高校生の食べ頃出荷時期のおにゃの子の処女膜に攻め込むでありますハートニヤハハハだっねぇハート信心すれば大勝利!ハート
    明日へ導く創価学会ハート

  • ※131. 名前:ぬおっ 投稿日:2011年06月29日 00:34 ID:No7Njjx40

    現在と変わらんな。

  • ※132. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月29日 02:10 ID:0GmYLKeB0

    何年か前、休日の高尾山4号路で、
    黄色に色あせたカーキ色の帽子・ゲートル・ザック姿の日本兵を目撃した。
    ザッザッと黙ったまま山頂を目指すその異様な姿に、
    休日の家族連れは振り返ってみていた。

    「ねえ、いまの幽霊? 幽霊なの?」と聞いていた男の子の目は、輝いていた。
    思わず跡をつけようかと思ったが、あまりの登山客の多さに放置。

    あれはいったい、なんだったのだろう・・・?

  • ※133. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月29日 03:01 ID:fD7jaOpA0

    キモイので前線に派兵され生きて帰ってきたらキモイうえに暴力的になってて妻に毒殺されるとこ。

  • ※134. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月29日 08:22 ID:nLjLrgCN0

    戦争で勇敢な男は死に馬鹿でずる賢い奴が生き残った
    だから今こうなってる

  • ※135. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月29日 11:52 ID:BYRDrkA60

    ※91
    これは343海軍航空隊の301隊(通称・新選組)隊長、菅野直搭乗の紫電改だね。
    Aの15号機っていうと有名な機体だ。
    WIKIあたりにこの写真がのってた希ガス。

    日本兵スゲーっていうと、沖縄戦の小池勇介軍医。
    積徳学徒隊って女学院生を率いるんだけど、解散命令が出てもしばらく解散しなかった。今解散すれば学生は全滅するって。
    他の学徒隊はこの時すぐに解散したから死者が多い。

    さらに解散に際しても、逃げる方角を指示した上で「捕虜になるのは恥じゃない。死ぬことが恥だ。必ず親元に戻れ」
    って言い聞かせたから、積徳学徒隊の犠牲者は3名だけ。

    当時の日本軍、それも激戦区の沖縄にあってこういう人間性を失わないってスゲーよな。

  • ※136. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月29日 17:09 ID:4.cVtmDf0

    ※14
    満州に重機関銃背負って戦いに行ってたじいちゃんがそれは言ってたからわりと間違いないと思う。「船下ろされてビタ一文渡されずに食料は現地調達って言われるんじゃけぇそりゃあひでぇもんよ。向こうも戦争しよって物ないし必死よの。」と。そういう無茶な命令逆上して上官撃ち殺して、処刑になった奴もいたって言ってた。まあ普通なら将来これからっていう童貞の20代の奴らが5-6年間毎日今日は死ぬかもと思いながら戦ってるんだ。理性を保てる奴もいれば、おかしくなる奴もいるわな。でも戦時中の他の国の兵に比べたら日本兵は立派なもんだとは思う。狂気の中でも平常心を保てる人がいるのは震災でも健在だったしな。

  • ※137. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月29日 17:40 ID:mA79vpky0

    軍事研究つー雑誌に沖縄戦における日本軍の奮闘振りを克明に辿った戦史が連載されてるけど、
    あれみると本当に当時の日本人の気概というか、底力、踏ん張り…卓越した精神性が垣間見えて凄い。
    これは特攻隊員の遺書を読んで思ったこととも通じるけど、そういった人たちを喪った事が本当に惜しまれる。

  • ※138. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月29日 19:33 ID:Kl2ceeX30

    日本刀で100人斬り殺せるほどの戦闘力をもち、銃剣と単発銃のみで40万人殺すなど原爆以上の破壊力を持つ携行兵器を誇り、各植民地で無駄に現地人を殺してまわるほど武器弾薬が余っていて、揚子江の川幅を2m以下にしたりするほどの高い土木技術を持ち、沖縄で米軍上陸後も市民に玉砕命令が出せるほど命令系統がしっかりしていて、 日本兵の数を上回るほどの従軍慰安婦を一日に一人あたり何十人も暴行するほど体力と食料があって、開戦前からオランダ占領時のインドネシアにも日本軍用の慰安婦を送り込むほど 先見性があり、AVが無かった時代にも関わらず慰安婦に顔射するほど独性に富み、韓国で文化施設はもちろん 一般家庭にある辞書から料理本に至るまで処分してまわるほど暇で、保護するために植民地ではなく併合したにも関わらず、韓国の運気を捻じ曲げるために、山の頂上に鉄杭を埋め込むほど風水に明るく、当時の朝鮮の人口のおよそ半数近くを日本へピストン輸送するほど燃料と船舶が豊富で、中国で家々に火を放ちまくり無駄に虐殺した民間人の死体を一カ所に集めて、たっぷりとガソリンをまいて燃やすほど石油資源に余裕があり、韓国の優れた建築施設・街・鉄道を全て接収することなく破壊し尽くした上、新たに日本の駄目な建築物に建て替えるほど資源と資金が有り余っていて、11歳が戦場で暴れ回るほど若い内から逞しく、終戦後になぜか強制連行を 行いまくるほどの軍備と余裕があり、圧倒的科学力を誇る朝鮮の反日勢力に なぜか圧勝するほど運がよく、朝鮮人を殺しまくりながら人口を2倍にするという魔術を持ち、敗戦国でありながらGHQを手玉にとって朝鮮戦争を起こすようコントロールするほど政治力と外交能力に長けた日本が敗戦したことは歴史上最大のミステリー

    これがないことに絶望した

  • ※139. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月30日 03:30 ID:hi7amo.N0

    掛け算の話はロシア兵のはず。
    さすがにアメリカでそれはない。

    ロシアは粛正やなんやで優秀な士官がぼこぼこ死んでて、
    時計のゼンマイの回し方知らない士官とかもいたらしい。

  • ※140. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月30日 13:31 ID:gMosaY7Q0

    ボーイスカウトやってた人は知ってると思うけどアンノーンソルジャーの話

  • ※141. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月30日 14:01 ID:Ub41CAwi0

    ■日本人の為の政治サイト
    【選挙前.com】選挙へ行く前に知りたい、放送されない政治家の思想と実績
    ttp://senkyomae.com/ 
    【国民が知らない反日の実態】まとめwiki
    ttp://www35.atwiki.jp/kolia/
    【ミコスマ】テレビの嘘・偏向動画まとめサイト
    ttp://mikosuma.com/
    ※関連「参政権獲得運動を誹謗中傷するネット・ウヨクと毎日闘っている」…民団新聞
    ttp://nidasoku.blog106.fc2.com/blog-entry-1272.html

  • ※142. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月30日 14:25 ID:dxfmdKTu0

    前にもどこかで書いたが、近所の死んだ爺さん(元曹長)から聞いた話し。
    ロシアの国境付近で敗戦、部下や民間人を逃がしさぁ帰ろうとすると
    上官二人が俺たちはここで刺し違えて死ぬ、お前は帰れと。
    理由が生き恥さらしてまで国に帰れるか!と。
    で、やっぱり二人とも自決してしまい、仕方なく爺さんは帰国した。

    その話しを聞いてから割とすぐに死んでしまったんだが
    婆さんにその話しをしたら、結婚してから一度も戦争の話しなんてしたこと無かったのにって。

    なんか思い出して泣ける。

  • ※143. 名前:名無しさん 投稿日:2011年06月30日 17:48 ID:xmnJ8B0U0

    開戦後まもなくのマレー上陸戦の時に上陸した浜に通信兵がアンテナに出来そうな木を探したけど見つからず
    遮蔽物も無いところで両手にアンテナ線もって人間アンテナしてたって何かの新書で見たな。
    すぐ集中攻撃されて別な人に交代。
    それみた敵軍が「こんなん相手するの無理wwww」てなったとか。

    あと、戦争終盤のどこぞの島の玉砕戦で連隊の軍旗を持った中隊長が砲撃で片腕吹っ飛んだ時に、連隊長がやってきて瀕死の中隊長に
    「軍旗を落とすとは何事か!」と叱咤。さらに「まだ片腕だ大丈夫だ」と言ったらしい。

  • ※144. 名前:名無しさん 投稿日:2011年07月01日 00:48 ID:lvGSh9U60

    >>102はコラ画像なので注意。
    実際の画像には空母にB-52は載っていない。

    ちなみに、この画像は、社民党の福島参院議員の「B-52が、実際に艦船から飛び立ち、攻撃をするわけです。」という発言を元につくられたもの。

  • ※145. 名前:名無しさん 投稿日:2011年07月02日 08:42 ID:gjhY7GJ60

    雷電、月光ときたからもしかして・・・と思ったが、やっぱり飛燕あったか

  • ※146. 名前:名無しさん 投稿日:2011年07月02日 14:05 ID:9G3WewRc0

    >27
    …ツンデレ?

  • ※147. 名前:名無しさん 投稿日:2011年07月03日 16:31 ID:qfq8yHP10

    二式大艇作った人が知り合いの爺さんだったw

  • ※148. 名前:名無しさん 投稿日:2011年07月06日 15:43 ID:JMsdYn5t0

    最後は苦しかったとはいえ、日本も世界と戦える最新の戦闘機や軍艦や戦車やら作ってたんだよな
    現状からは想像もつかねぇ

  • ※149. 名前:名無しさん 投稿日:2011年07月07日 23:35 ID:1xr1Auof0

    ※139
    掛け算の話はオーストラリアでもあった。
    NF文庫「海軍式気配りのすすめ」に似たような話が載っている。

  • ※150. 名前:名無しさん 投稿日:2011年07月08日 16:03 ID:UB0LY2pn0

    うちのおじいさんの話。

    参戦した頃には最早、勝てる見込みが無いくらいの時期だったので、南国の島に行くも、早々に撤退命令が出た。その時に、士官だけは飛行機で島の反対側にある、唯一死守されていた港に連れて行ってくれるということになった。

    うちのおじいさんは衛生兵で医者だったので、一応下士官という身分があった。が、「医者が患者のもとを離れるわけにはいきません」と、言うことで搭乗を断った。
    島の周りは敵兵に囲まれているので、島の中央のジャングルを切り分け、マラリアと戦い、病に倒れた従卒衛生兵を担ぎ、何とか帰って来た。100人中4人しか生き残らなかった戦場だった。帰って来たら、「死にました」という通知が先に届いていたというおまけ付きだった。

    予想はついたと思うが、飛行機に乗った士官兵は助からなかった。本当に、人生何が起こるか分らない。

  • ※151. 名前:名無しさん 投稿日:2011年07月08日 19:05 ID:QCZhAryX0

    加農砲ってカノン砲の当て字?

  • ※152. 名前: 投稿日:2011年07月08日 20:29 ID:BY2DOaW.0

    戦争時代の真実なんて、もはやだれにもわからなくなってるだろ。
    ただ、日本人は、筋を通してるんじゃないかなと思えるのは贔屓目か?

  • ※153. 名前:名無しさん 投稿日:2011年07月12日 06:19 ID:djf9pS6q0

    コロネル・シバ(柴中佐)達の話が、※6・7くらいにしか無くて残念
    義和団事変の時、北京で各国連合軍と共に義和団の暴徒と戦った軍人だ
    http://sora1975.blog88.fc2.com/blog-entry-60.html

    詳細はリンク先に任せるとして、日英同盟の締結にも影響したであろう活躍を見せた日本軍
    世界各国から称賛されたその業績・活躍はスレタイに沿う物だと思う

  • ※154. 名前:名無しさん 投稿日:2011年07月13日 23:19 ID:MONS2U7n0

    >>138
    それが読みたかった。むしろそのコピペのスレだと思ってたw
    ありがとうw

  • ※155. 名前:名無しさん 投稿日:2011年08月14日 23:03 ID:yKauaZ8t0

    ドイツ兵と日本兵は兵士の識字率が連合国の軍より高かったというのは聞いた事があるな

  • ※156. 名前:名無し 投稿日:2011年08月15日 13:59 ID:REcbDA9MO

    ペリリュー島は何度見ても泣きそうになるわ…
    英霊の方々は今の日本見たらどう思うんだろうなあ…

  • ※157. 名前:名無しさん 投稿日:2011年08月18日 00:06 ID:6zgoat5y0

    舩坂さんに関してはコピペ読んで知った気になるより「英霊の絶叫」を読んだほうがいい。
    当時のわが陸軍の精強さと人間の小ささ・悲しさを分からせてくれる名著だ。

  • ※158. 名前:桜花 投稿日:2011年09月23日 16:00 ID:2upPl58v0

    旧日本兵はどこの国のどの兵隊より勇敢でかっこよかった。誇りに思おうじゃないか。
    当時アメリカ兵は日本兵を恐れ本土へ帰国した兵がいたという・・・
    インドネシアは戦後自分たちの島を一緒に戦って守ってくれた日本軍に今でも感謝している
    今の日本は英霊にもっと感謝すべき。8月15日は靖国神社へ行こう。

  • ※159. 名前:名無しさん 投稿日:2011年11月06日 19:00 ID:WFqIyf5H0

    ※119
    ホルホルするのはいいがあまりにも馬鹿っぽすぎんぞ

  • ※160. 名前:名無しさん 投稿日:2011年11月07日 03:01 ID:GuHyaSp.0

    ※159 
    ※119のどこがホルホルなの?ねえ?説明してよ

  • ※161. 名前:名無しさん 投稿日:2011年11月22日 20:13 ID:gmeykwZP0

    日本がロシアと戦争してたとき、一人の兵士が捕まった、
    その兵士は絶望していた、が、隣の日本人捕虜が、
    「俺、パン作れるんだ、一緒に行く?」
    兵士は頷き、ロシアの兵士に事情を説明し、うまく逃げだした
     

    ・・・のが当時兵士だった俺のひいじいちゃん

  • ※162. 名前:名無しさん 投稿日:2011年12月27日 12:50 ID:rArAL3t80

    日本兵じゃなく日本軍が使っていた兵器の大和の話なんだが
    サマール島沖で大和の四六センチ砲が敵空母を攻撃。
    しかし四六センチ砲が命中しても敵空母は沈没しなかったらしい
    なぜなら装甲のない護衛空母には四六センチ砲徹甲弾は艦内で炸裂することなく
    貫通して海中に抜け出てしまっていたらしい。
    そのときの戦果は護衛空母「ガンビアベイ」と駆逐艦「ジョンストン」「ホエール」
    護衛駆逐艦「サミュエル・B・ロバーツ」の沈没にとどまっている。

  • ※163. 名前:名無しさん 投稿日:2012年01月11日 13:33 ID:0SozeqGF0

    靖国にいったらジジイ連中が20ミリ機銃は使い物にならん!50mまで近づかないと当たらねーよw

    とか言っててわろた

  • ※164. 名前:名無しさん 投稿日:2012年01月11日 14:12 ID:rkkUKmwC0

    家の近所の爺さんは元帝国海軍、戦闘機の整備士で「俺の整備したやつは絶対負けない」と
    今年の新年会でも豪語していた。戦争末期は特攻機の整備もしていたそうで「俺の整備したやつは必ず敵艦に突入したと」その爺さん2012年現在も元気です。

  • ※165. 名前:名無しさん 投稿日:2012年03月07日 03:49 ID:HKhoYvvR0

    ※90
    その話は本当だと思う。マッサージ師の爺さんが正座させた捕虜を
    日本刀で斬首しても井戸のような穴に落ちないから
    蹴り飛ばす役だったと言ってた

    ※105
    日本兵を精錬潔白な聖人君子に祭り上げる基地外も、大概だけどな

    ※120
    基地外ならともかく、純粋な飛行機乗りが無意味な自爆攻撃なんか
    喜んだりしねーよ

    ※123
    パイロットの養成に、どんだけ時間と金がかかると思ってんだ?

    ※134
    正直者がバカを見るのは、当時も現在も変わってませんね

    ※157
    まるまる信じてしまうのも如何なものかと

  • ※166. 名前:名無しさん 投稿日:2012年04月16日 20:48 ID:RqiLVnPL0

    昔、小学生の時、戦争があったことは知っていたものの、
    いつあったのかは全然知識のなかったころ、
    祖父が「お爺ちゃんは戦争体験した。怖かったから、ずっと友達の影に隠れとった」
    と自慢げに話すのを聞いて、おじいちゃんwwwwwってなってたが、
    高学年になってちゃんと習い、祖父の年齢を逆算してみると、
    当時祖父は10歳にも満てなかった。
    だまされたと気付いた。

  • ※167. 名前: 投稿日:2012年05月15日 05:46 ID:.xQKbuyjO

    ひねくれものがいますな。

  • ※168. 名前:名無し 投稿日:2012年06月06日 19:00 ID:dYqanL5yO

    整備士の話は戦後サマールから返還された零戦32型を修復できなくて困っていたから、零戦用の治具・工具持参で元整備隊の人たちが駆けつけて
    無事修復したって話しもある。この零戦は大宰府→名古屋→福岡県と展示され。今は福岡県にある。

    >射撃で50mまで接近
    日本の他、イギリス軍でも30mまで行けと言われている。
    弾丸飛距離そのものは300mまで有効(弾道低下過少)ではあるのだが、飛行機は横滑りする上、旋回中のような遠心Gが掛かる状態ではとても命中は望めない。
    更に相手も回避して逃げようとする。50mなら逃げても命中する。射撃側の視覚は、照準窓に機体が収まらないほどの至近状態となっている。
    隼は最大速度で負けるP-38へ対面向きに飛行し、交差する寸前の距離から撃ったりもした。

  • ※169. 名前:名無し 投稿日:2012年06月14日 18:42 ID:Pka..UVf0

    良い話が見れるので良いのだが少し少ないような気がする

  • ※170. 名前:名無しさん 投稿日:2012年07月24日 13:00 ID:2UuBfZv10

    ※163
    それ事実らしいよ
    坂井さんも著書に書いている通り20ミリは「ションベン弾」らしいw
    初速が遅いし命中率が悪いから(命中したらすごいが)もっぱら7.7ミリ弾使っていたらしい。
    アメリカの13?ミリ弾をうらやましく思ったとかw

  • ※171. 名前:名無しさん 投稿日:2012年09月02日 15:46 ID:32nTWZRw0

    日本最高

  • ※172. 名前:林甚太郎 軍 (★・★) 投稿日:2012年09月04日 13:03 ID:MphPCvzi0

    生まれ 中の人昔

    作る
    本当にごめん

    広島
    石に名前 林甚太郎

    大阪 生き

  • ※173. 名前:林甚太郎 軍 (★・★) 投稿日:2012年09月04日 13:13 ID:MphPCvzi0

    前 昔 ニ軍
    林甚太郎さん 広島 死 男
    今 帰り 日本人 大阪 男
    バクのパン屋さん
    平和
    みんな

  • ※174. 名前:みんな 日本人 林甚太郎さん 投稿日:2012年09月04日 13:21 ID:MphPCvzi0

    今?
    メールびくり
    ぼく
    バクのパン屋さん

    平和日本人軍
    がんばれ歌
    パン国 やります。

  • ※175. 名前:名無しさん 投稿日:2012年10月23日 22:26 ID:AWnrCtN.0

    山下奉文大将や宮崎大将、石原大将ら、真の名将たちに1軍を任せてほしかったわ。
    そもそもなにゆえ、あんなアホどもを陸軍元帥にしたのか・・・

  • ※176. 名前:名無しさん 投稿日:2012年11月24日 04:33 ID:zV8qqz950

    本スレの>12だけどアメリカ兵じゃなく本当はソ連兵の話な。
    ネットで前書き込んだオレの爺さんの話を馬鹿VIPEERが間違って書き込んでるな。

  • ※177. 名前:名無しさん 投稿日:2012年11月24日 04:50 ID:zV8qqz950

    管理人様へ
    本スレ>12を削除して下さい。もしくはアメリカ兵ではなくソ連兵と書き直して下さい。
    貴重とも言える体験談話を間違った歴史にしないで下さい。是非お願いします。
    もうすでにYOUTUBE、ニコニコ動画などでソ連兵ではなくアメリカ兵の話として浸透してます。これ以上間違った情報を与えないでください。

  • ※178. 名前:名無し 投稿日:2013年02月11日 18:07 ID:KtayZqLwO

    高砂族って確か台湾現地民族だよな?

  • ※179. 名前:名無し 投稿日:2016年04月14日 23:28 ID:.aiv6wVx0

    178
    そうだよ、高砂は日本人の飢えを救うため動いてくれた勇敢な民族。彼等に与えられるだけの勲章を与えて欲しい

コメントの投稿
名前

コメント




※本文は「>>○○」、コメント欄は「※○○」「米○○」と記入いただきますと、安価のレスがポップアップで表示されます。
※アンカーをクリックしますと、対象レスにジャンプします。Escキーで戻ります。